最新情報(2018/7/11更新)

 

new! 「みなみのかぜ第4号」2018/7/14発行。【2018/7/11】

〇読売新聞 季評ー詩(詩人:渡辺玄英)(2018/6/30)に「みなみのかぜ」が紹介されました。【2018/7/11】

震災から2年。熊本にむけて、私たちの短い詩と写真を掲載しております。

〇「みなみのかぜ」のインタビュー記事が南日本新聞(2017/9/29)に掲載されました。【2017/10/11】

 

 


詩誌「みなみのかぜ」のご紹介

 

new! みなみのかぜ 第4号

 

発行日:2018年7月14日

表紙:豆塚エリ

写真:二宮和敏

A5版 本文34ページ

500yen(税込)

 

【参加】

 

・麻田あつき

 地雨がくる

 

・菊石朋

 羽化

 

・清水らくは

 幽霊列車

 

・津留清美

 不安な道標 ~熊本大地震から2年目~

 

・平川綾真智

 おつかい郵便

 評論・「瀧村鴉樹と音声詩の越境」

 

・広瀬大志

 まれに頭上の海

 

・豆塚エ

 痕 

 

(guest☆)

・村上由起子

 再会  

 

 

 

みなみのかぜ 第3号

 

発行日:2018年2月14日

表 紙:二宮和敏「啓蟄 の 骸 」、裏「トワニイキル」

A5版 本文32ページ

500yen(税込)

 

【参加】

 

・麻田あつき

 トジル

 

・菊石朋

 地球が生んだ、月の断面図

 

・清水らくは

 途上

 評論・浮島の半分-浮島『詩』論-

 

・津留清美

 倒れた魂を起てなおせ ~ヴァイオリン考

 

・平川綾真智

 九品寺

 評論・『少女性から、まなざされた太母』麻田あつき著『おおきな魚*トジル』

 

・広瀬大志

 風景の機会

 

・豆塚エリ

 邂逅

 

 



みなみのかぜ 第2号

 

発行日:2017年8月14日

表 紙:豆塚エリ「木漏れ日の街道」

A5版 本文32ページ

500yen(税込)

 

【参加】

 

・麻田あつき

 再会

 

・菊石朋 

 みずのなる石

 

 清水らくは

 知らないもの

 

津留清美 

 七月のLiberdade   怒りのように、錨のように

 

平川綾真智

 おぱんぽん

 

広瀬大志

 オレンジ色の影

 

豆塚エリ

 夏が終わっていく

 

 

 みなみのかぜ 創刊号

 

発行日:2017年4月14日

写 真:清水らくは「川尻の風景」

A5版 本文32ページ

500yen(税込)

 

【参加】


・麻田あつき

 スクラップ・ブック

 
・清水らくは

 五月の風

 世界の見え方-『盤上の海、詩の宇宙』感想-

 
・津留清美 

 トメアスの月

 インクルーデッド


・平川綾真智

 ・ 月 suizenji

 瞼から

 

・広瀬大志

  ライジング・ダイダロス

 

 




 

お取り扱いいただいているお店

 

〇カフェレストラン みなみのかぜ 

 熊本県熊本市中央区出水1-7-69

 

〇七月堂 

 東京都世田谷区松原2丁目26(オンラインショップもあります)

 

〇居留守文庫

 大阪市阿倍野区文の里3-4-29

 

〇葉ね文庫

  大阪府大阪市北区中崎西1-6-36 サクラビル1F

 

〇乃帆書房

 秋田県秋田市大町2丁目4−23

 

〇MOOK

 福岡県福岡市早良区西新5丁目6−5